有限会社金子工務店

有限会社金子工務店 【飛騨市】

Tel:0577-73-3026

斐陀の大八職人です

最新ニュース一覧

2017/12/27 更新

2017/12/27

年明けから思いも新たに

新年に向けて神棚も

以前に 頼まれていた神棚が仕上がりました

主は社をわざわざ 伊勢神宮から 買ってきたと

そこまで拘って 祭られる神棚も 幸せだろうと

持ち送りも彫刻部分に 白色を塗装して大変派手な

作品となりました。

 

2017/12/24

苦しみます 忘年会

クリスマス兼ねて忘年会

隣の家族 県議 秘書 私の家族 自宅で忘年会を

狭苦しい茶の間で 揃って一時を 過ごします 夏は

隣の庭で バ-ベキュウー 冬は 自宅で恒例になりました

具は各自 持ち寄りか まとめて買い出し アルコルは好みの

持参 我が家の自慢は露天風呂上がりの 温泉旅館 気分での

宴会 今年は雪見風呂か。

 

2017/12/23

神棚制作以来

建設会社に頼まれた神棚

私より大きな会社の社長さんから依頼されていた

神棚が出来上がりました 板は欅材で 普通は正面が真っ直ぐ

ですが板に丸味を持たせて 神様にお参りするときは 穏やかな

心でとの 思いを込めて作成してみました 持ち送りは

飛騨独特の 唐草模様で仕上げています この上に乗る社は

どんな姿なのか 事務所に末永く栄える事をって 送って

やります。

 

2017/12/22

来年の古川祭りに間に合うように

建築会社以来

来年の古川祭りに間に合うように今年から修理

祭りには付きものの 屋台 それも先頭を走る

神楽台 それの車輪修理 車輪の御軸が 木製

大切な 保存屋台 全神経を使い なおします

屋台から外して 会社で 修理いたします。

 

2017/12/12

昔の引き出物

引き出物とは

以前は祝い事など 模様事が有ると親戚或いは

知人など呼ぼって祝い事を 致しました 招いた

お客に 記念品を贈るのが 習わしで有りましたが

今日は 招待次第を有り難迷惑だと 敬遠する傾向

時代共に変わり 葬祭などでは自宅或いは集会場で

執り行い その場で料理など 教わり家庭食を我が家に

幅広い生活を楽しみましたが 今は全て、金、金で

事を進めます、今回は 昔の引き出物 取り出して

飾ってみようと 思い 展示用板を 作成致しました

この側品は ある方の銅像建立記念で 高岡で特注に

製作 もう片方は八十八祝いの 記念品です。

 

2017/12/10

鍵を紛失し使用不能のアンテーク

アンテーク トランクの開閉

個人の家で荷物の整理のお手伝いをする事になりました

その中に 鍵が掛けられた状態で中身は空のトランク

当然使用不能です それを頂いて何かにならないかと

思案 適当な部材が 見あたらない 中国産のキホルダー

が手元から出てきたそれを改造して 鍵を作ろうと

思案錯誤の末に成功 早速開閉 以前の方が無理をして

開けようとしたのか 後遺症が残っているが 無事

使えるように なったアンテーク商品となりました。

 

2017/12/09

刃物の復元

クラシック刃物復元

長い間 道具箱に 眠っていた今は使用されない

刃物が出てきた このまま放置するのは 職人と

しては 忍びがたいので 違う方面で 使える様に

杖を仕込みました 元々は原木の皮むきと使用される

刃物で 今回は雑草刈り に利用したいと思います

銘には 飛騨小坂 と打ってあり 飛騨の鍛冶屋産

だと解ります
 

2017/11/21

漸く飛騨も雪景色

昨夜寒いなと思っていましたが 今朝一面山々には
雪景色 朝日を浴びて 白く光っています。
 

2017/11/20

会社独自の仕上げた天井板

オジナルで仕上がった 天井板

無垢の天井板吉野杉で制作中が ほぼ完成に近づいた

通常は洗い出し工法で仕上げて有りますが 今回は

表面を鉋仕上げで 手間暇掛けてみました 仕上がりは

光沢のある 無垢材特有の木目が 表現出来るように

仕上げてみました、 自分の和室にも使用したいくらいの

出来上がりになりました
 

2017/11/11

手作りの天井板

今時こんな仕事を(^o^)
今進めている仕事を紹介致します
先日京都で新築した住宅の 和室の天井板を設計士は
クロス仕上げで良いと支持してあり 私は和室の天井をクロスで
とは納得出来ませんでした 施主さんが理解しているのか 確認
すると 奥さんが嫌だと そこで私に吉野杉の 無垢材で 作って下さいと
丁度材が 手元に 手作りで 作品作り 是から仕上げに 入りますが
まだまだ手間暇が 掛かりそうです。
 

2017/10/31

古川の職人の凄い技

世の中隠れた技を持っている方は見えますが
偶然その方を知ることが 出来ました 私も刃物には
通の処がありますが 地金から作品まで1人で行う
焼き入れ温度 刃物の硬度 全て計算済みで 私は
良く切れそうな 作品を頂きました 是は趣味の世界で
大工道具の一部として 大切に残します。
 

2017/10/25

久し振りの同級会

今回は下呂温泉にて同級会に参加してきました
高山から二人同車乗せて 参加 宴会はバイキング方式
私は初めての方式 アルコール口取り全てが セルフ
少食の自分には 逢っている感じでした 他のお客と一緒なので
少し気を使いましたが。
 

2017/10/11

変な法律

長年大切にしておりました自家用車を手放すことにしました
20年の付き合いでしたが 車自体は何も問題がありませんが今の
法律では13年過ぎると自動車税が 15%と高くなってきます 次の
車を買い換えれ 国の方針 こよなく物を大切にしなさいと 教えとは
逆の法律 昨年は50年大切にしていたバイクを手放して 今年はマイカー
何か自分の終束が 近づいてきている様な 時代です。
 

2017/10/11

間違っている決事

長年大切にしていた自家用車 手放すことになりました 20年の付き合いでしたが
税金が15%と上がり何も 車には 問題がありませんが 外観は無傷 塗装は新車時と
変わらずつやつやとしていますが 廃車 昨年は50年大切にしていたメグロの単車
今年は10万㎞少しオ-バな自家用車 手放 自分の年と同じで 末路を感じます。
 

2017/09/26

飛騨の職人技

私の知人の作品ですが 以前に手元にあった物ですが
引き出しの中で仕舞っていましたが 少し手を加えて飾り物として
生き返らせて見ました コマドリ・キツツキ・ウグイスの三羽です
 

2017/09/25

是が飛騨の建築です

飛騨の伝統工法でしてみました

設計士は東京の方で 施主さんも同じ 東京 何故か

建物作りは飛騨の私 建て主の建築は京都市内  私は建て方まで

造作は京都市内の建築業者で一軒家を仕上げます 使用材は3間

一通しで背が1尺4寸巾5寸の赤味欅材で飛騨春慶塗りで全部で6本

使って吹き抜け構造の住宅を仕上げる計画です 京都の業者さんが

会社を訪れて材料を見せたら 今までこんな欅材を見たことが無いと目を

丸くしていました 来月初めに建て方です。

 

2016/11/27

残り少なくなった命

年末の紋白蝶

何を思ったのか季節外れに紋白蝶が庭に出現

よく見ていると飛び立とうと しているのですが

寒くて 飛びあがれません 最後の力を出し切って

居る様に 見えます 可愛そうですが これも

備わった命の 末路に見えました。

 

2016/11/05

一年ぶり

出た

一年前に原木菌を埋め込みましたが 全く苔が出なくて

焚き物に使用かと迷っていたら 偶然に苔を見つけ

ました その苔はシメジ茸 昔から臭い松茸 味シメジ

そのシメジですがほんの一握だけ 家内に散々馬鹿に

されていましたが 面目回復

 

2016/09/23

楽の裏には 全てお金が絡んでいますと

誤った屋根消雪施工

昨日屋根の軒下が雨漏りがしているので見て欲しいと

案の定軒下の板が穴が空くほど 朽ちている 屋根の

軒先全体に広がっている これは屋根全体の葺き替えに

なりますよ 家人 へ----そんな予算見てません

じゃ我慢して このまま過ごされては如何ですか

原因はと言われたので それは軒先の ヒ-タ暖房

要するに (すがもり)状態です 無理に電気で雪溶

の為 屋根の先から逆流して軒下に 回り込んで

雨漏り状態になっています 融雪以外の屋根は どうも

無い状態です 施工の仕方が間違っています 家人

頭を抱えていました お金を使って 又屋根の

葺き替え 楽の裏には 全てお金が絡んでいますと

 

2016/09/19

高級 木製 玄関戸の蘇生

古くなった建具のメンテナンス-

古びいてきたのでそろそろ 立て直しかと相談

新設当時は 桧の臭いが残っていた 立派な

木製玄関戸でしたが 月日の経過にて 変色が進んで

見窄らしくなってきましたが メンテナンスーの

案配で蘇ってきます 今日はたいがいの家では

アルミの建具に変わってしまい その建具の方が

高級感が有るような錯覚に陥り 価値観も変わって

しまい無機質の無粋製品が主流ですが 私は木製

建具の良さを 蘇させたいと 思います。