松木建築 【飛騨市】

Tel:0577-73-3269

夏涼しく冬暖かい高性能住宅

最新ニュース一覧

2018/04/27 更新

2018/04/27

スノコ状の外壁

変わった外壁が仕上がりました。
スノコ状で、隙間があります。
雨水の浸入は大丈夫か?
その内側で、しっかり処理されています。 
 

2017/05/30

ようやく元の姿に戻りました。

雪害で、屋根の垂木が折れて 瓦、板金、などが破損しましたが、ようやく元の姿の戻りました。
 

2017/05/02

今年の雪害も多かったようです。

 今年の雪で垂木が折れてしまいました。
ようやく、工事に入れました。
 

2017/02/04

サーモカメラで検証

 以前完成したお宅でサーモカメラ(赤外線カメラ)により、室内の温度差状況を確認させていただきました。吹抜けの空間ですが上下の温度差がほとんどありませんでした。
 

2017/01/22

ワインホルダーを作ってみました

 こんなワインホルダーを作ってみました。
おしゃれな感じで仕上がりました。
 

2017/01/16

新春 初市の様子です!

 先日、製品木材の今年最初の市が行われました。
写真はその時の様子で、テーブルに使用する板が沢山ありました。
 

2017/01/08

居酒屋こうぼう 開店しました内観はこんな感じです!

 昨年末にオープンしました、居酒屋こうぼうさんですが、内観はこんな感じです。
またホームページは現在作成中だそうで、UPでき次第お知らせいたします。
住所は高山市総和町1-45-4です。
 

2017/01/02

謹賀新年・・・新年明けましておめでとうございます

 新年あけましておめでとうございます。
昨年、7月ドイツのパッシブハウス研究所を訪ねました。環境先進国ドイツの建物の視察と、建物に対する考え方などを学びました。パッシブハウスとは、ドイツのの物理学者ファイスト博士が導き出した、家の省エネ基準で、CO2の排出を抑え、気候変動を止める為、家の燃費はこれくらいに抑えなくてはいけないといった基準を充たす建物です。日本でもネットゼロエネルギーハウスやゼロエネルギーハウスなど、よく耳にしますがドイツでは、もっと早くから取り組んでいるようです。
今、日本では年間17,000人もの人がヒートショックで亡くなり、交通事故で亡くなる人の3~4倍多いそうです。冬場のお風呂、トイレは危険な場所で、これからの住宅を造るうえで、温度のバリアフリー化の対策が必要になります。
建物の断熱、気密、方位、庇による日射遮蔽、開口部の充実、換気によって奪われる熱など、一つ一つ考慮し、計算して性能の良い快適な住宅が求められていく時代になるようです。
今年も、微力ながら、この地域にあった燃費のいい住まい造りのお手伝いを目指して参ります、ご指導、ご支援のほど、よろしくお願い致します。
(写真はドイツ ハイデルベルグのパッシブハウス基準を充たした幼稚園です)
 

2016/12/27

居酒屋こうぼう 開店しました!

 12月25日高山市総和町に居酒こうぼう がオープンいたしました。
工事の施工をさせていただきました。
外観はこんな感じのお店になりました。
 

2016/10/25

新しい外壁 (すのこ状の木製外壁)

 今回、完成したリフォーム工事の外壁ですが、木を5㎜間隔の隙間を開け施工しました。通常、水が浸入しないか?と思われますが、木製の外壁の下は透湿防水シートで、なお且つ紫外線劣化に強い素材のシートを使用している為、心配がありません。
木の持ついろいろな発信力を引き出すことができる工法です。
 

2016/10/11

高性能顕熱交換型第一種換気システム

 高気密・高断熱住宅が、だんだんと普及してきたようですが、そこで今後、重要になってくるのが、換気扇から逃げる温度・・・
寒い時期に室内の温かい空気と一緒に排出される熱は、逃がしたくないところです。
こんな状況を、この換気扇は解決してくれます。排出する空気の熱を(水分も可能です)入ってくる空気に伝えるのです。
写真は熱交換換気を行うドイツPAUL社製の換気扇で世界トップレベルです。
 

2016/09/22

リフォーム前後の写真です 2

 車庫入口のドアーが経年劣化で表面が白色化して、取り換えたかったのですが、ドアーそのものはまだしっかりしており、取り換えるほどでもなく、思案の末・・・
板を貼り付けることにしました。その結果がこの姿です。
 

2016/09/15

リフォーム前後の写真です

先日完成しましたリフォーム工事外観の工事前と後の写真です、以前サイディングの壁でしたが、、
経年劣化もあり外壁のリニューアルをしました 。一階部分 杉板をベニガラと黒色顔料との調合で着色し、オスモカラークリアーで仕上げました。
二階部分はサイディング無塗装板に塗装仕上げとなっています。
 

2016/08/29

ミニイス・ブックラック作りと包丁砥ぎ

 昨日、飛騨市福祉ボランティアフェスティバルに建設業職人の組合、全建総連古川支部として参加しました。
ミニイス・ブックラック作りと包丁砥ぎを行いました。大盛況で特に子供たちが、金槌で釘を打ち作成する体験の様子は
私たちも、とてもうれしくなり、元気をもらいました。
 

2016/08/21

こんなテーブルを作りました!

 今、リフォームを行っているキッチンに、こんなテーブルを作成しました。
 

2016/07/31

可愛い、工事現場のフェンス

 工事現場との境界は、危険地帯との境で、近寄りがたいエリアですが、ここはとても優しく、可愛い色使いの覗き窓が作ってありました。
 

2016/07/11

熱交換型換気扇

 先般、ドイツ研修に参加しました。
パッシブハウス研究所で受講した時の写真です。
熱交換型換気扇です、外気の空気を室内に取り入れ、また外へ出す換気扇ですが
取入れる空気は冬なら、マイナス気温になりますが、排出する室内の空気の熱を、入ってくるマイナスの空気の温度と交換して外へ出します。
その交換効率がとても優れていて信用できるものです、またその時、おこりがちな、結露対策もされています。
機械がかなり大きいのですが理論もしっかりしており、日本での導入も今後ありそうです。
 

2016/06/14

日本でドイツパッシブハウス概念を学ぶ!

昨日、ドイツのパッシブハウスについて学ぶセミナーに参加しました。
今、世界的な動きとして、現在のままでは地球資源が枯渇?また京都議定書から始まった世界レベルの取り組み・・・
住宅業界から貢献できることは・・・住宅の性能を上げることにより、エネルギーのロスを極力抑え、太陽光発電などによりエネルギーを創りだし利用する。
建物を建てるうえでの、基本的な考え方と技術、情報といったことに取り組むようになってきています。
日本では、ネットゼロまたはゼロエネルギーハウスなど取り組んでいますが、ヨーロッパ・アメリカと比べると、まだまだ温度差があるようです。
今後、この方向性はより推進されていくようです。
 

2016/05/29

なかしまクリニック院内内覧会!

昨日、昨年来、工事に取り掛かっていました なかしまクリニック (内科・皮膚科・アレルギー科)が完成し、内覧会が行われました。
一日のみの開催でしたが、たくさんの方がいらっしゃいました。
なお開院は6月1日(水)です・・・・・
 

2016/05/25

こんな壁で仕上げました!

先日、ある事業所さんのトイレの外側壁を(室内)、少し変わったふうに仕上げてみました。
普段は屋根の下地材に使用される材料なのですが、壁に使うとまた、面白い雰囲気を醸し出します。