岐阜県立飛騨寿楽苑

岐阜県立飛騨寿楽苑 【飛騨市】

Tel:0577-73-3804

岐阜県立飛騨寿楽苑

ピックアップインフォメーションPickupInfo

画像1
なでると願い事がかなう?とか。飛騨寿楽苑のどこかにございます。
画像2
雪景色もまた良いですね
画像3
立派な菊と可愛い子が玄関でお出迎え
岐阜県立飛騨寿楽苑
  • 岐阜県立飛騨寿楽苑
  • 岐阜県立飛騨寿楽苑
  • 岐阜県立飛騨寿楽苑
  • 岐阜県立飛騨寿楽苑
  • 岐阜県立飛騨寿楽苑
  • 岐阜県立飛騨寿楽苑
  • 岐阜県立飛騨寿楽苑
  • 岐阜県立飛騨寿楽苑
  • 岐阜県立飛騨寿楽苑
  • 飛騨寿楽苑理念
  •   『おひとりお一人の思いを大切に受け止めて』
  • 1 介護の理念である「安全性、継続性、自己決定、選択の自由、能力の活用」を基本に、利用者の権利を守り、一人一人が生きがいを持って生活できるよう支援します。
  •  
  • 2 多様な在宅福祉ニーズに対するため、併設する在宅部門はもとより、地域の関係施設・機関と連携し、地域における高齢者福祉サービスの中核拠点を目指します。
  •  
  • 3 地域との協調を図り、地域に根ざし、地域に開かれた施設を目指します。
  •   施設の機能を地域の皆様に有効活用できるようにしています。
  •   ①会議室
  •   ②やまなみホール
  •   ③その他
  •  利用に関しては、お申し込み申請が必要です。詳しくは、お問い合わせください。
  •  (施設申し込み書は、メイン画像に。印刷して使用してください。)
  •  
  • ★介護施設で人と関わる仕事をしてみませんか~あなたの力を必要としています。
  •  0577-73-3804までお問い合わせ下さい。
  •  
  • 社会福祉法人 岐阜県福祉事業団のホームページもあります。
    ぜひ、見てね!!

インフォメーション Information

名称 岐阜県立飛騨寿楽苑 フリガナ ギフケンリツヒダジュラクエン
住所 〒509-4244 岐阜県飛騨市古川町是重102 TEL / FAX 0577-73-3804 / 0577-73-2246
公式サイト http://www.gifu-fukushi.jp/hidajuraku/ E-mail お問い合わせはこちら

最新のクチコミ Kuchikomi

カモミール

No,321「ボランティアさんいつもありがとう」

返信あり
By カモミールさん  2017.11.22

ボランティアさんのおかげで、飛騨寿楽苑の入居者様の生活が豊かになっています。寒い日に散歩に出掛けられない時、苑内を散歩して下さる方、イベントが開催されるときの送迎をして下さる方、昔からお世話になっている方、新しく来て下さっている方。ボランティアさんが増えていること、本当に嬉しく思います。

よしこ

No,306「ガク…」

By よしこさん  2017.06.30

本当にガクの存在は大きく、そして癒しでした。 いろいろな事が思い出されます。 寂しいけど、ガクもまた違う世界で楽しく走りまわっていたらいいなぁて思う。 ガク☆ありがとう‼︎

オレンジャー

No,295「ありがとうカード」

返信あり
By オレンジャーさん  2017.04.04

わかっているけど、伝えられるといいけど、案外、「ありがとう」って言えてないですよね。文字にするのもなかなかできない。 伝わる文章って大事なんやさぁ・ 新しい環境に来て、やはり痛感する「飛騨寿楽苑のよさ」にありがとう。みなさんもたくさんのありがとうを届けてくださいね。

 

最新ニュース News

[2017/11/05]

アンガーマネジメント入門講座

初投稿で、緊張しています。加藤です。


7月に行われたマナー講座の時にアンガーマネジメントについて少し触れたところ、
「ぜひアンガーマネジメントの研修を受けたい!」と多くの職員から受講希望の声があがり、
今回10月30日に教育委員会主催で「アンガーマネジメント入門講座」が実現。




講師は、当苑職員で、マナーOJTインストラクターでもあり、
アンガーマネジメント ファシリテーターの資格を持つ山下由紀子さん。
受講希望者を募ったところ、50名以上の職員の参加がありました。




今回の研修では
「怒り」は人間の持つ自然な感情の一つであり、怒っちゃだめ、ということではない。
大切なのは「怒って後悔したり、怒らなくて後悔しない」こと。
そのために「怒り」の仕組みを理解し、「怒り」と上手に付き合う方法、などを学びました。



アンケートには・・・
・今、職員にとって一番大切な講義内容だった。今回参加できなかった職員もぜひ参加できるようもう一度研修をして欲しい。
・アンガーマネジメントができるようになると認知症の介護が上手くいくようになるとわかり、活かしていきたい。
・怒りに点数を付けるのはおもしろいと思った。さっそくやってみようと思う。

などたくさんの感想がありました。皆さん、自分の「怒り」について考える良い機会となったようです。
90分という時間もあっという間に感じるほどとても聞きやすく、わかりやすい内容でした。


私自身、イライラすることもあります。
ですが今回の講座を受けて怒りと上手に付き合っていけるようにまずは6秒待てるように意識していきたいです。
一番いい発散方法は「質の良い睡眠」とのことなのでゆっくり休むことも大切ですね。


山下さん今回もありがとうございました。


(教育委員 加藤)
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対してひだラボは一切の責任を負いません
 

写真Photos

ヨガ体験 避難訓練実施 夏祭り2017 陶芸2 福祉事業団50周年式典

マップ&アクセス Map&Access